スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足の冷えにはモコモコあたたかそうより絹の重ね履き靴下

冷えにはあたたかそう靴下よりも重ね履き

朝晩冷え込む季節になってきました。
寒くなると冷える、冷えるといえば足・・・

家の中で靴下は欠かせませんが、冬の靴下といえば
モコモコした見るからにあたたかそうなのを
選んでいました。
ところが指先までなかなか温まらない!

中に五本指の靴下を履いてみたりしていました。
ちょっと窮屈だけど冷えるよりはマシ。でも窮屈・・・

どうせ重ねて履くならと思い切って重ね履き用靴下を
購入しました。


【絹屋】冷えとり重ね履き靴下(写真左)

足の冷えない靴下

その名の通り絹は100パーセントです。
なぜそんなに奮発したのか・・・
寒いの苦手です!!もそうなんですが
絹の力が冷えの対策にとてもいいと感じたからです。


右はおやすみ用の靴下です。(絹)
こちらも後にご紹介しますね。


絹は毒だしの力が強い
一番下に履くのは絹の5本指くつ下です。
絹は吸湿性・保湿性に富み、毒だしのちからが強いから
一番下に絹を履くと説明書きにありました。

足は意外と汗かきなので、これをしっかり
吸いとってくれるのはいいですよね。
汗で冷えて足だけ冷たい・・・というのは夏でも起こりますしね。


さて、気になる重ね履きの中身は4足
履く順番は右からで、素材は絹→綿→絹→綿です。

足の冷えない靴下


4足はけばなんでもあったかい!とも思いますが
足の自由度は確実に下がる一方というのも
困りものです。


さっそく履いてみます。

足の冷えとり重ね履き靴下

まったく邪魔にならない履き心地です。
うっすらフィットです。


そして2足目の綿の靴下を

足の冷えとり重ね履き靴下

窮屈さなし・・
履いてから気づきましたが、普通なら5本指靴下を
重ねた時点で放り投げたくなる履き心地になりますよね。


2枚重ねることでさらに指の汗をしっかり
吸い取ってくれるそうです。

これはイメージしやすいな~
やはり汗をとるのは大事

さらに三足目の絹の靴下を履いてみると

足の冷えとり重ね履き靴下

写真ではちょっとミイラ感?がでたようにも
見えますが、履き心地は大丈夫です。


すでにあったかいですよ。モコモコ靴下よりも
早く足が温くなります。


最後に綿の靴下でしめくくり

足の冷えとり重ね履き靴下

履き口のところは優しさを感じる余裕っぷりです。

寒さによって枚数を調節しながら重ねてもよいかもしれません。
重ね順がわかるように、履き口に線が書いてあります。



お待たせいたしました。
続きましておやすみシルク(男女兼用)のご紹介です。

足の冷えない絹の靴下

私は眠るときも靴下を履きますが、
朝になるとおもしろいくらい跡がくっきりついていて
そしてなかなかとれない!

このゆる~い感じならその心配は無用です。


おやすみシルク足の冷えない靴下

ちなみに今履きながらブログ書いています。


これからの季節冷えとり靴下の重ね履きで
足と体の冷え対策をしてみてはいかがでしょうか。


参考まで

タイプは色々ありますのでご自身が
しっくりくるものをお探しになってくださいね

絹屋冷えとり重ね履き靴下


おやすみシルクかかとあり

腹巻きもあって欲しいです。
おやすみシルク絹腹巻



読んで頂きありがとうございます!

心地よい暮らしづくりをブログにしています。
シンプルライフのブログランキング参加中なので

気に入っていただけたら
↓↓こちらをクリックして応援して下さいませ。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

そしてまた見に来てくださいね!



関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。