スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家具の色と高さで変わる印象を実感

部屋づくりを初めて最も悩み多き場所が和室。
ガラリと変えたいと思いつつなかなか進みません。
和室を北欧風にできるIKEAは天才だと思う。
IKEAも参考にしてみましたが、やっぱり実際の自分の家とは微妙に
事情も違うので、最終的にはうまくとりいれながらアレンジしていく能力が必要となりますよね。


過去記事にもかきましたが、今の和室は以前住んでいた家の洋室にあった物を
そのまま置いてあって、ちょっと落ち着かない雰囲気。

以前の記事
片付いていてもなんとなく落ち着かない部屋の原因


少しずつ変えていこうとまずは、長年使ってボロボロになっていた黒い椅子を
思い切って粗大ゴミに出すことにしました。

まだパソコンのデスクを探し中なので、決まるまで椅子がないのは困るので、
とりあず私の部屋にあった使っていない椅子を持ってくることに。
そうすると...

和室インテリアの改造


なんだか圧迫感が薄れた感じが・・・

黒い椅子の時のパソコン周り

和室の改造


椅子をかえたら変わったこと

・椅子の色が白くなったことで、重たいイメージから明るくなった。
・背もたれが低くなり、高さがなくなって気持ち広く見える。
・素材が革張りから、藤椅子風になったので、オフィスっぽさがなくなった。

ずっと私の部屋でオブジェ化していた椅子でしたが、今後の参考になる
思わぬ活躍をしてくれました。

パソコンデスクを買い替えることにとらわれていて、失敗したくないので
なかなか進められませんでしたが、椅子を替えるだけでもいいかもと考えたり
和といえばなんとなく木の色がいいと思っていたのが、
白もあり?と思えてきたりしました。

家具はポンポン買う事はできないので、迷いだすと止まらなくなります。
元々家にあるものを活用し、イメージを膨らましてみるという方法も
行き詰った考えを抜け出すヒントになるなと思いました。


最後までお読みいただきありがとうございます!

よろしければこちらをお願いいたします
↓↓

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

ありがとうございました!

関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。