スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寝室の照明を変えてシンプル部屋に優しさをプラス



長年使っていた照明を変えて殺風景な寝室を、
少し変えてみる事にしました

ずっと使用していた照明で部屋はこんな感じです。

寝室の間接照明


私が結婚する前住んでいた家から持ってきた照明です。
一人暮らしは、1DKのマンションだったので、
照明はこれ1つ。
とても気に入っていた理由は、間接照明で、
さらに、光の調整で一番小さくすると光の色がブルーになるところ。


寝室の間接照明



青色は心を落ち着かせる

色のことを調べてみると、青色は精神を落ち着かせる色で
睡眠にはよいのだとか。
確かに夜寝る時、この光りはとても優しくリラックスできる色でした。

マメ電球(古いですが)よりほんのりな光で、
目に眩しくなく、よく眠れます。


とても気に入っていた照明ではありましたが、
明かりをつけない時は、少し機械的なイメージ。

もう少し見た目にも部屋を優しい雰囲気にしてくれる照明をと、
こんな感じにしてみました。


フランフラン照明

フランフランのものです。
SALE中だったので、ちょっと期待しつつ買いに行くと、
なぜかこの色はSALE対象外なのでした。
他に黒がありました。

とはいえ、9500円というお値段で十分雰囲気を
変えることができたので、とても満足です。


これまで天井にへばりついているタイプばかりを
買っていたので、どのへんまで垂らすものなのか
よくわかりません。

インテリア雑誌などで、ダイニングの照明が
そんなに下に?そんなものなのか~と
最近思ってはいました。

長さを色々と調整してみて、しっくりくる位置を
決めたいと思います。



最後まで読んで頂きありがとうございます。

コチラを押して頂くと、とても励みになります。
よろしければ、お願いします!


にほんブログ村 インテリアブログ 北欧モダンインテリアへ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。